【フライパン】買い替える目安は?焦げ付きの体への影響を調べてみた

フライパンは頻繁に使用する調理器具の一つですが、買い替え時はいつになるか把握している人は意外と少ないのが現状です。

フライパンの買い替え時は、一般的に2年と言われています。

フッ素樹脂コーティングやセラミックコーティングが2年であるため、それに伴って2年で買い替えるのがベストです。

焦げはガンの原因だと言われることが多いのですが、フライパンの調理程度で生じる焦げでガンになることはないので安心してください。

焦げには発ガン性物質が含まれていることは事実ですが、大量に摂取しない限り問題ないです。

買い替える目的は体への影響ではなく、コーティングが落ちてしまい使い勝手が悪くなるからです。

料理が上手く作れない原因が、古いフライパンにある可能性が考えられます。

関連記事

  1. 名古屋の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  2. ほこりは火災の元!?コンセント周りの注意点と対策グッズ2選

  3. 掃除機での砂埃の吸い込みは厳禁!意外と知らないその理由を大公開

  4. フライパンの「テフロン」って何?知っておきたい役割について解説

  5. 東京の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  6. 福岡の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  7. 圧力鍋のお手入れ方法は?おすすめの洗剤についても解説します

  8. 愛媛の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  9. 「コロコロ」の正式名称って何?知っておきたいお掃除トリビア

最新記事

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オススメ記事

PAGE TOP