日本酒は料理酒に最適!意外と知らないそのメリットを解説します

日本酒を料理酒として使うことで、食材を柔らかくできる・味の染みこみが良くなる・香りや風味を与えられるといったメリットが生まれてきます。

料理に日本酒を加えることで食材を柔らかくすることができますが、これはアルコールに食材の保水性を高めて柔軟にする効果があるからです。

また、塩を含む料理酒では砂糖の甘味の染みこみが悪くなり、砂糖の分子が大きいことから甘味が染みこみにくいといった特性があるので、砂糖は塩よりも前に食材に味を染みこませる必要があります。

しかし、料理酒はアルコールを飛ばす必要があることから砂糖よりも前に入れる必要があり、塩を含む料理酒が砂糖よりも先に食材に触れることで、結果的に甘味が染みこみにくくなってしまうため、味の染みこみ効果を邪魔しない塩分の含まれていない日本酒の方がより味の染みこみ効果を高めることができます。

関連記事

  1. 浜松|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

  2. 千葉の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  3. フライパンの「テフロン」って何?知っておきたい役割について解説

  4. 青森の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  5. 窓掃除は何月にすべき?その理由と頻度を解説します

  6. 福岡|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

  7. 神奈川の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  8. 大阪|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

  9. ホコリ掃除を最小限に!インテリア選びで気を付けたい3つのポイント

最新記事

カレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

オススメ記事

PAGE TOP