日本酒は料理酒に最適!意外と知らないそのメリットを解説します

日本酒を料理酒として使うことで、食材を柔らかくできる・味の染みこみが良くなる・香りや風味を与えられるといったメリットが生まれてきます。

料理に日本酒を加えることで食材を柔らかくすることができますが、これはアルコールに食材の保水性を高めて柔軟にする効果があるからです。

また、塩を含む料理酒では砂糖の甘味の染みこみが悪くなり、砂糖の分子が大きいことから甘味が染みこみにくいといった特性があるので、砂糖は塩よりも前に食材に味を染みこませる必要があります。

しかし、料理酒はアルコールを飛ばす必要があることから砂糖よりも前に入れる必要があり、塩を含む料理酒が砂糖よりも先に食材に触れることで、結果的に甘味が染みこみにくくなってしまうため、味の染みこみ効果を邪魔しない塩分の含まれていない日本酒の方がより味の染みこみ効果を高めることができます。

関連記事

  1. 「コロコロ」の正式名称って何?知っておきたいお掃除トリビア

  2. 大掃除は年末じゃなくても大丈夫!おすすめな季節を教えます

  3. 大阪|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

  4. 超便利!圧力鍋で美味しい料理を作るための正しい使い方講座

  5. 東京の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  6. 大阪の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  7. 大掃除は業者に頼むべき?意外なメリットと費用相場を解説します

  8. 掃除ロボットで時短上手!失敗しない選び方と人気商品BEST3

  9. 浜松|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

最新記事

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

オススメ記事

PAGE TOP