フライパンの「テフロン」って何?知っておきたい役割について解説

「テフロン」とはデュポン社が商品化し商標登録したもので、他社が作ったものは通常「フッ素樹脂加工」といわれています。

通常のフライパンとの違いは、テフロン加工されたフライパンは摩擦係数が極めて小さいため、食材がくっつきにくく焦げにくいといった特徴があることです。

そのため油の量も少量ですみ、汚れが落ちやすくなりお手入れも簡単。

料理をする者にとっては、とても便利なアイテムです。

デメリットは、洗っているときに傷つけるとフッ素樹脂がはがれてしまったり、通常使いでも寿命があるので数年で買い換える必要があることです。

また、フッ素樹脂は長時間高温で使用すると劣化してはがれやすくなるため、中火での使用がおすすめです。

空焚きは急激にフライパンの温度を上げるため、同様の理由でしないように注意してください。

関連記事

  1. 手肌に優しい洗剤づくり!家中キレイに出来るたった2つのアイテムとは

  2. 東京の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  3. 圧力鍋のお手入れ方法は?おすすめの洗剤についても解説します

  4. 掃除機での砂埃の吸い込みは厳禁!意外と知らないその理由を大公開

  5. 大掃除にはオススメの順番がある!風水的な観点で徹底解説!

  6. 愛媛の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  7. 日本酒は料理酒に最適!意外と知らないそのメリットを解説します

  8. 大掃除は業者に頼むべき?意外なメリットと費用相場を解説します

  9. 千葉の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

最新記事

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

オススメ記事

PAGE TOP