フライパンの「テフロン」って何?知っておきたい役割について解説

「テフロン」とはデュポン社が商品化し商標登録したもので、他社が作ったものは通常「フッ素樹脂加工」といわれています。

通常のフライパンとの違いは、テフロン加工されたフライパンは摩擦係数が極めて小さいため、食材がくっつきにくく焦げにくいといった特徴があることです。

そのため油の量も少量ですみ、汚れが落ちやすくなりお手入れも簡単。

料理をする者にとっては、とても便利なアイテムです。

デメリットは、洗っているときに傷つけるとフッ素樹脂がはがれてしまったり、通常使いでも寿命があるので数年で買い換える必要があることです。

また、フッ素樹脂は長時間高温で使用すると劣化してはがれやすくなるため、中火での使用がおすすめです。

空焚きは急激にフライパンの温度を上げるため、同様の理由でしないように注意してください。

関連記事

  1. 大阪の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  2. 大掃除は業者に頼むべき?意外なメリットと費用相場を解説します

  3. 手肌に優しい洗剤づくり!家中キレイに出来るたった2つのアイテムとは

  4. 【フライパン収納】浮かせてより使いやすく!簡単にできる方法2選

  5. 「コロコロ」の正式名称って何?知っておきたいお掃除トリビア

  6. 窓掃除は何月にすべき?その理由と頻度を解説します

  7. 名古屋の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  8. 日本酒は料理酒に最適!意外と知らないそのメリットを解説します

  9. ホコリ掃除を最小限に!インテリア選びで気を付けたい3つのポイント

最新記事

カレンダー

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

オススメ記事

PAGE TOP