窓掃除は何月にすべき?その理由と頻度を解説します

窓掃除は半年に一度のペースで行うと良いとされています。

行う時期は、花粉や黄砂の飛来が落ち着く6月~7月と、暖房と加湿によって結露しやすくなる年末の大掃除のころになります。

6月~7月は、飛んできた粉埃やゴミがたくさんついているため、落としてスッキリさせると良いでしょう。

年末は湿気をしっかり掃除することで窓のカビ予防にも繋がります。

埃や花粉、結露など季節によって付着するものも違い掃除の仕方は異なるので、季節に合わせて掃除するようにしましょう。

窓だけでなく網戸もきちんと掃除するようにしなければいけません。

特に窓を開ける機会の多い夏場は、網戸が汚れていると、入ってくる空気にも影響があるため、こまめに汚れを取るようにしておくことが大切です。

関連記事

  1. 東京|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

  2. 神奈川の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  3. 鉄フライパンって実際どうなの?長く使うために守りたい3つの注意点

  4. 掃除する気が起きない!そんな時に試してほしい3つのアイデア

  5. 浜松|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

  6. 東京の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  7. 大掃除にはオススメの順番がある!風水的な観点で徹底解説!

  8. 掃除機での砂埃の吸い込みは厳禁!意外と知らないその理由を大公開

  9. 大阪|大掃除も任せられるハウスクリーニング業者おすすめ3選

最新記事

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

オススメ記事

PAGE TOP