ほこりは火災の元!?コンセント周りの注意点と対策グッズ2選

コンセントにほこりがたまっていると、トラッキング火災や電気ショート火災といわれる火災を引き起こす原因になりかねません。

そのようなコンセント火災を防ぐ基本は、掃除をしてコンセント周りをいつも清潔にしておくことです。

掃除をするときはまず、コンセントを抜き、ほこりがたまっていたら掃除機で吸い取ります。

その後ほこりを吸着してくれるクロスやハンディワイパー、あるいは乾いた布などでほこりや汚れをきれいに拭きとります。

もしべたついた汚れがある場合は、重曹スプレーを吹き付け、水拭きとから拭きをしてきれいにし、完全に乾かします。

きれいにしたうえで、火災を防ぐため有効なアイテムとして使いたいのは、トラッキング現象を防止する機能がついたコンセントやタップです。

また、使っていないコンセントを覆ってしまうカバーを使うことも有効です。

関連記事

  1. 愛媛の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  2. フライパンの「テフロン」って何?知っておきたい役割について解説

  3. 大掃除は業者に頼むべき?意外なメリットと費用相場を解説します

  4. 大掃除は年末じゃなくても大丈夫!おすすめな季節を教えます

  5. 窓掃除は何月にすべき?その理由と頻度を解説します

  6. 掃除する気が起きない!そんな時に試してほしい3つのアイデア

  7. エアコン掃除は何月にすべき?その理由と頻度を解説します

  8. 大阪の家事代行|ファミリー世帯におすすめの会社BEST3

  9. ホコリ掃除を最小限に!インテリア選びで気を付けたい3つのポイント

最新記事

カレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

オススメ記事

PAGE TOP